コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

算数の勉強のこと

毎度どうも・・・。今日も読んでくれてありがとう。

小学生のうちに算数の学習の基礎が出来ていないと、中学生(大人になってからあえてなる方ってかっこいいですね)、高校生の数学は、全くついていけなくなってしまうでしょう。

それに、算数は一度躓いてしまうと、苦手意識(寝不足だったりすると、保つのが難しくなりますね)が強くなってしまう教科でもあるので、毎日、コツコツと学習する習慣をつけて、確実に学力をあげていきてください。

算数の勉強で必要となるのは、計算力と読解の力です。

また、論理的な思考力も必要となります。



計算力を鍛えるには、百マス計算をオススメします。

時間を測って毎日継続して行う事で、計算力が著しくにUPすると言われています。

計算が速いとそれだけ考える時間に回す事ができるはずですし、自信にも繋がります。

読解力は算数というより、国語(これだけは苦手という方も少なくはないでしょう)の学習力になるのですが、文章(書いていくうちに段々と書けるようになっていくでしょう)問題を解くためには必要になってくるのですね。



子供が興味(相手に対して全く持てないのであれば、関係を築くことは難しいでしょうね)を持って文章(書いていくうちに段々と書けるようになっていくでしょう)問題に取り組めるように、親が子どもの興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)に合った文章(得意な人は得意、苦手な人は苦手と分かれやすいものです)問題を考えて出題すると言ったのも有効なんです。

また、算数の場合には、文章(得意な人は得意、苦手な人は苦手と分かれやすいものです)問題で何が書いてあるのかを理解した上で、どれくらいの計算式にあてはめればいいのかがわかる必要があります。

逆にいえば、それがわかれば、類似した問題は解けるようになるわけです。



論理的な思考力は、推理算を解くと鍛えられるのです。

問題集やパズル本などがすごくたくさん売っている為、できればゲーム感覚で解けるようなものを用意するといいかもしれません。

親子で一緒に、ゲームを楽しみながらやってみるというのもいいですね。

算数は毎日長く続けて勉強する事が大切なので、子どもが楽しんで学習できるように工夫してあげてください。



てなわけで、―地球滅亡まであと427日―


この記事の関連ワード
小学生 塾 小学生 習い事 自由研究 小学生 小学生 学習 無料ダウンロード 小学生 学習 プリント 

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

こどもの勉強で親のすることは?

おはようさんですー!今日も朝からご苦労様です。

今まで保育園(法令上の名称は保育所となります)や幼稚園に通い、午後には母親と一緒の時間を過ごしてきたのに、小学校へ入学すると一気に、子供と接する時間が減り、親としては寂しい気持ち(その時々で変化していくものです)がしてしまうのも当たり前のことではないでしょうか。

離れている時間が多くなったからこそ、もっとお子さんへ関心を抱いてあげましょう。

小学校低学年だったら、これまでとは異なった状況も出てくることになると思うので、上手くご両親が対処してあげる必要も出てきます。

ただ、お子さんのことが気になるからと言って、いつも質問攻めにするのはあまり良くない傾向です。



親であれば、「今日何があったの?」「何か嬉しいことや悲しいことはあった?」と毎日聞きたくなるとは思いるみたいです。

でも、あまり聞かれ過ぎても、お子さん自身がそれに答えるのを面倒に感じてしまうケースもあるのです。

もし、お子さんが笑って、「ただいま」と表現してもくれたのであれば、それだけのことで十分安心してください。

そして、もし、悲しい顔をして帰ってきたら、「何かあったの?」とやさしく問いかけるのを忘れないでくださいね。



気持ち(日記を付けることで整理しやすくなるはずです)がリラックス(上手にリラックスできないと、ストレスが溜まってしまいますから、自分なりの方法を見つける必要があります)している瞬間、例えば、一緒にお風呂に入浴している最中間や寝る前に一緒にふとんに入っている瞬間など、こういう瞬間に一緒にいて上げる事が大事なのです。

リラックスしている瞬間にお子さんと一緒にいてあげると、お子さんも自分のことを不安がなく話してくれます。

お子さんが何か習い事を開始してたいと貴方の意志を伝えてきたのでしたら、お子さんの将来の可能性を伸ばすことも考え、お子さんの意見を尊重してあげるのも良いのですよ。



さてと、今日はそろそろこのあたりにしてと・・・。


この記事の関連ワード
国語辞典 小学生 通信教育 小学生 小学生 習い事 小学生 学習 プリント 読書感想文 小学生 


健太の資格大作戦!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

小学生の勉強のやる気はどうなんでしょう?

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金~!!!今日も読んでくれて感謝です。

子供がなかなか宿題(わからないところは、ネットで調べるという子供も増えています)をやってくれない、親が言わないと勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)しない。

そんな悩みを持つ方、結構多いそうです。



それでは、子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)を勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)でやる気にさせるには、何か方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)があるんです。

まず、勉強に限った事ではなく、子供の「やる気(なるべく最初のハードルは低くして、徐々に上げていくというのが、挫折しないコツなんだとか)」を引き出すためには、やる気の基礎にもなる「自分を肯定する気持ち」を育ててあげて下さい。



自分に自信を持つ事が出来れば、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)は何事にも自主的に取りくむようになるでしょう。

その為にも、積極的に子どもを褒めてあげる事が何よりも重要なんです。

そうはいっても、やる気(自分なりの儀式を決め、自己暗示をかけるのも、やる気を出すための有効な方法だといわれています)がない子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)を前にしては、つい欠点ばかりに目がいってしまいますよね。



でも、そこで親が叱ってばかりでは、子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)は自分を否定されたと感じ、何事に対してもやる気(自分なりの儀式を決め、自己暗示をかけるのも、やる気を出すための有効な方法だといわれています)が無くなってしまうみたいです。

もし、あなたが逆の立場だったら如何でしょう。

叱られてばかりで、本当にやる気が出ますか?



親から叱られて「学んで見返してやる」と思うようになるには、小学生ではまだ幼過ぎます。

まずは褒めて、「自分は勉強(効果を定着させるためには、繰り返し復習することが大切です)が出来る」と思い込ませてあげてください。

褒める所が無いといったのなら、見つければいいですね。



たとえテストの点数が悪くても、「この問題はあっているね」、「一生涯懸命に学んでいたものね」と、結果ではなくプロセスを褒めてあげましょう。

そして、「もうちょっと勉強したらもっと点数も上がって、ママ(お子さんがいる女性を○○ちゃんのママと呼んだり、夫婦でもパパ・ママと呼び合うようになることが多いようです)もうれしいな」と伝えます。



小学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)の頃は、親に褒められるのが嬉しくて学んでいると言っても過言ではないんです。

素直に子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)を褒めてあげましょう。




ということで、今日のところはこのへんにして・・・。


この記事の関連ワード
読書感想文 小学生 国語辞典 小学生 自由研究 小学生 小学生 塾 小学生 理科 

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。