コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

算数の勉強のこと

毎度どうも・・・。今日も読んでくれてありがとう。

小学生のうちに算数の学習の基礎が出来ていないと、中学生(大人になってからあえてなる方ってかっこいいですね)、高校生の数学は、全くついていけなくなってしまうでしょう。

それに、算数は一度躓いてしまうと、苦手意識(寝不足だったりすると、保つのが難しくなりますね)が強くなってしまう教科でもあるので、毎日、コツコツと学習する習慣をつけて、確実に学力をあげていきてください。

算数の勉強で必要となるのは、計算力と読解の力です。

また、論理的な思考力も必要となります。



計算力を鍛えるには、百マス計算をオススメします。

時間を測って毎日継続して行う事で、計算力が著しくにUPすると言われています。

計算が速いとそれだけ考える時間に回す事ができるはずですし、自信にも繋がります。

読解力は算数というより、国語(これだけは苦手という方も少なくはないでしょう)の学習力になるのですが、文章(書いていくうちに段々と書けるようになっていくでしょう)問題を解くためには必要になってくるのですね。



子供が興味(相手に対して全く持てないのであれば、関係を築くことは難しいでしょうね)を持って文章(書いていくうちに段々と書けるようになっていくでしょう)問題に取り組めるように、親が子どもの興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)に合った文章(得意な人は得意、苦手な人は苦手と分かれやすいものです)問題を考えて出題すると言ったのも有効なんです。

また、算数の場合には、文章(得意な人は得意、苦手な人は苦手と分かれやすいものです)問題で何が書いてあるのかを理解した上で、どれくらいの計算式にあてはめればいいのかがわかる必要があります。

逆にいえば、それがわかれば、類似した問題は解けるようになるわけです。



論理的な思考力は、推理算を解くと鍛えられるのです。

問題集やパズル本などがすごくたくさん売っている為、できればゲーム感覚で解けるようなものを用意するといいかもしれません。

親子で一緒に、ゲームを楽しみながらやってみるというのもいいですね。

算数は毎日長く続けて勉強する事が大切なので、子どもが楽しんで学習できるように工夫してあげてください。



てなわけで、―地球滅亡まであと427日―


この記事の関連ワード
小学生 塾 小学生 習い事 自由研究 小学生 小学生 学習 無料ダウンロード 小学生 学習 プリント 

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。