コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

小学生の勉強のやる気はどうなんでしょう?

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金~!!!今日も読んでくれて感謝です。

子供がなかなか宿題(わからないところは、ネットで調べるという子供も増えています)をやってくれない、親が言わないと勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)しない。

そんな悩みを持つ方、結構多いそうです。



それでは、子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)を勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)でやる気にさせるには、何か方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)があるんです。

まず、勉強に限った事ではなく、子供の「やる気(なるべく最初のハードルは低くして、徐々に上げていくというのが、挫折しないコツなんだとか)」を引き出すためには、やる気の基礎にもなる「自分を肯定する気持ち」を育ててあげて下さい。



自分に自信を持つ事が出来れば、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)は何事にも自主的に取りくむようになるでしょう。

その為にも、積極的に子どもを褒めてあげる事が何よりも重要なんです。

そうはいっても、やる気(自分なりの儀式を決め、自己暗示をかけるのも、やる気を出すための有効な方法だといわれています)がない子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)を前にしては、つい欠点ばかりに目がいってしまいますよね。



でも、そこで親が叱ってばかりでは、子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)は自分を否定されたと感じ、何事に対してもやる気(自分なりの儀式を決め、自己暗示をかけるのも、やる気を出すための有効な方法だといわれています)が無くなってしまうみたいです。

もし、あなたが逆の立場だったら如何でしょう。

叱られてばかりで、本当にやる気が出ますか?



親から叱られて「学んで見返してやる」と思うようになるには、小学生ではまだ幼過ぎます。

まずは褒めて、「自分は勉強(効果を定着させるためには、繰り返し復習することが大切です)が出来る」と思い込ませてあげてください。

褒める所が無いといったのなら、見つければいいですね。



たとえテストの点数が悪くても、「この問題はあっているね」、「一生涯懸命に学んでいたものね」と、結果ではなくプロセスを褒めてあげましょう。

そして、「もうちょっと勉強したらもっと点数も上がって、ママ(お子さんがいる女性を○○ちゃんのママと呼んだり、夫婦でもパパ・ママと呼び合うようになることが多いようです)もうれしいな」と伝えます。



小学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)の頃は、親に褒められるのが嬉しくて学んでいると言っても過言ではないんです。

素直に子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)を褒めてあげましょう。




ということで、今日のところはこのへんにして・・・。


この記事の関連ワード
読書感想文 小学生 国語辞典 小学生 自由研究 小学生 小学生 塾 小学生 理科 

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。