コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

小学生の勉強集中力について

家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪今日も来てくれてうれしく思います。

小学生(あの頃はよかった、気楽だったという人が多いものです)のうちは、勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)させようと思っても、如何しても集中力(注意欠陥・多動性障害である場合、集中力を維持するのが難しいといわれています)が続かないと言ったことが多いようですよね。

一時間、二時間と集中して勉強したのは、大人でもつらいもの。



興味や関心が移りやすく、飽きやすい子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)に長時間ずっと集中しろと言うのは、そもそも無理があるようです。

ですから、とにかく、少しの時間でも集中して勉強することが出来るようにしましょう。

そして、その際間をすこしずつ延ばしていくのです。



最初は、問題集(収録している問題の?も大切ですが、解説がわかりやすいかも重要でしょう)を5分やるだけ。

キッチンタイマーで時間を量って、できれば一緒に答え合わせをしましょう。

学校から帰ってきたら5分、おやつを食べたら5分、ごはんの後に5分、寝る前に5分といった具合に、細切れでやるのもおすすめですよ。



教科を変えれば集中力(30分くらいずつ何をするのかを決めて、適度に休憩を挟み体を動かすというのも、集中力を保ちながら何かをするためには有効な方法でしょう)が続くのであれば、始めに計算問題(四則計算やかっこ、分数の計算など、ルールを覚えておかないと解けない問題もあります)、次に漢字の書き取りなど、時間割を決めても良いですよ。

それから、子どもが学んだ場所も、子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)部屋よりはリビングのテーブルなどの人が逆に集中できるとなるんです。



もちろん、テレビや五月蠅い音楽などは消して、集中可能になるようにしてあげて下さい。

子供が勉強している横で、親も勉強すると言うのが理想(現実とはかけ離れていることも多いかもしれません)です。

もし、下の子供が邪魔をするのなら、勉強は子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)部屋でして、丸付けはリビングで親がしてあげると言う方法もあります。



子どもが勉強するがらなかったり、集中力(あらゆることを行う際に必要とされ、その成果を左右するでしょう)が続かないのは、子供にとって勉強が楽しいことではないからです。

小学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)のうちに勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)嫌いを克服可能であるように、親がなんとか工夫してあげたいだと言えるでしょう。



とはいっても、そのこどもにより、最適な方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)は異なります。

でも、子供にとっては親の反応が何よりも影響を与えますから、教材などを与えっぱなしにするのでは無く、一緒に勉強(大人はみんなやっとけばよかったと後悔するものですね)を楽しむための努力をしてあげて下さい。



さてさて、とっぴんぱらりのぷう


この記事の関連ワード
小学生 勉強 教え方 小学生 英語 小学生 ドリル 書道セット 小学生 小学生テスト 

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。