コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

小学生の理科の勉強のコツ

こんちわっすー、今日も頑張ってますか?

小学生のうちに理科に興味を持たせることができれば、将来的にも理系に強くなれるみたいです。

理科に興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)を持つきっかけは、こどもによって違っているはずです。



親としては、できる限り多くの機会を与えてあげたいものです。

例えば、科学館に行ってみたり、親子の科学教室(その学校によって学習環境にはずいぶんと差があるものですよね)に参加してみたり。

稲刈りや芋掘りなどといった収穫体験をするのも良いでしょう。

親子で一緒に天体観測(天体の位置やその動きなどを観測することです)をするのもオススメです。



天文台や科学館などが実施している天体観測(肉眼でも確認できますが、双眼鏡や望遠鏡などを使うと、より鮮明にみることができるでしょう)会に参加したら、より専門的に学ぶことができるでしょう。

プラネタリウムや植物園に行くのもいいですね。

とにかく、理科に少しでも関係するように体験するという事が重要です。



実際に体験した事は忘れにくいですし、不思議だ、興味深いと思えば、理科への興味(人によって何にどのくらいというのは違うものです)も高まるでしょう。

それに、理科クイズやなぜなに図鑑と言った読み物も、子供の理科への興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)を高めてくれるはずです。

近年、ベネッセなどから理科の学習ができるDSソフトも発売されていますね。



小学生(青春だったと思う方も多いことでしょう)のうちは、理科のテストで満点(小学生のうちは簡単に取れても、学年が上がるにつれ、難しくなっていくでしょう)を取るのもそれほど難しくはないでしょう。

ある程度、出題される問題は決まっているので、教科書に沿った問題集(どんな問題でも解けねいいというものではないので、口コミなどを調べて評判のいいものの中から選びましょう)を何度か繰り返して覚えれば良いのではないでしょうか。



単に理科のテストの点数をあげたいというだけなら、机に向かって勉強する習慣をつけさえすればいいでしょう。

でも、感受性豊かな子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)に育て、よりよい人生を歩んでもらうためにも、理科に興味(心や体が疲れていると、何に対しても持てなくなってしまうことが少なくありません)が持てるような色々な体験をさせる、或は、一緒にすることが大切なんです。



さてさて、今日のところはこのへんに、サヨナラ♪


この記事の関連ワード
小学生 ドリル 小学生 勉強 やる気 小学生 学習 プリント 小学生 学習 無料ダウンロード 読書感想文 書き方 小学生 

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。