コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

こどもの勉強で親のすることは?

おはようさんですー!今日も朝からご苦労様です。

今まで保育園(法令上の名称は保育所となります)や幼稚園に通い、午後には母親と一緒の時間を過ごしてきたのに、小学校へ入学すると一気に、子供と接する時間が減り、親としては寂しい気持ち(その時々で変化していくものです)がしてしまうのも当たり前のことではないでしょうか。

離れている時間が多くなったからこそ、もっとお子さんへ関心を抱いてあげましょう。

小学校低学年だったら、これまでとは異なった状況も出てくることになると思うので、上手くご両親が対処してあげる必要も出てきます。

ただ、お子さんのことが気になるからと言って、いつも質問攻めにするのはあまり良くない傾向です。



親であれば、「今日何があったの?」「何か嬉しいことや悲しいことはあった?」と毎日聞きたくなるとは思いるみたいです。

でも、あまり聞かれ過ぎても、お子さん自身がそれに答えるのを面倒に感じてしまうケースもあるのです。

もし、お子さんが笑って、「ただいま」と表現してもくれたのであれば、それだけのことで十分安心してください。

そして、もし、悲しい顔をして帰ってきたら、「何かあったの?」とやさしく問いかけるのを忘れないでくださいね。



気持ち(日記を付けることで整理しやすくなるはずです)がリラックス(上手にリラックスできないと、ストレスが溜まってしまいますから、自分なりの方法を見つける必要があります)している瞬間、例えば、一緒にお風呂に入浴している最中間や寝る前に一緒にふとんに入っている瞬間など、こういう瞬間に一緒にいて上げる事が大事なのです。

リラックスしている瞬間にお子さんと一緒にいてあげると、お子さんも自分のことを不安がなく話してくれます。

お子さんが何か習い事を開始してたいと貴方の意志を伝えてきたのでしたら、お子さんの将来の可能性を伸ばすことも考え、お子さんの意見を尊重してあげるのも良いのですよ。



さてと、今日はそろそろこのあたりにしてと・・・。


この記事の関連ワード
国語辞典 小学生 通信教育 小学生 小学生 習い事 小学生 学習 プリント 読書感想文 小学生 


健太の資格大作戦!
スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。