コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

小学生の勉強のやる気はどうなんでしょう?

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金~!!!今日も読んでくれて感謝です。

子供がなかなか宿題(わからないところは、ネットで調べるという子供も増えています)をやってくれない、親が言わないと勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)しない。

そんな悩みを持つ方、結構多いそうです。



それでは、子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)を勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)でやる気にさせるには、何か方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)があるんです。

まず、勉強に限った事ではなく、子供の「やる気(なるべく最初のハードルは低くして、徐々に上げていくというのが、挫折しないコツなんだとか)」を引き出すためには、やる気の基礎にもなる「自分を肯定する気持ち」を育ててあげて下さい。



自分に自信を持つ事が出来れば、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)は何事にも自主的に取りくむようになるでしょう。

その為にも、積極的に子どもを褒めてあげる事が何よりも重要なんです。

そうはいっても、やる気(自分なりの儀式を決め、自己暗示をかけるのも、やる気を出すための有効な方法だといわれています)がない子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)を前にしては、つい欠点ばかりに目がいってしまいますよね。



でも、そこで親が叱ってばかりでは、子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)は自分を否定されたと感じ、何事に対してもやる気(自分なりの儀式を決め、自己暗示をかけるのも、やる気を出すための有効な方法だといわれています)が無くなってしまうみたいです。

もし、あなたが逆の立場だったら如何でしょう。

叱られてばかりで、本当にやる気が出ますか?



親から叱られて「学んで見返してやる」と思うようになるには、小学生ではまだ幼過ぎます。

まずは褒めて、「自分は勉強(効果を定着させるためには、繰り返し復習することが大切です)が出来る」と思い込ませてあげてください。

褒める所が無いといったのなら、見つければいいですね。



たとえテストの点数が悪くても、「この問題はあっているね」、「一生涯懸命に学んでいたものね」と、結果ではなくプロセスを褒めてあげましょう。

そして、「もうちょっと勉強したらもっと点数も上がって、ママ(お子さんがいる女性を○○ちゃんのママと呼んだり、夫婦でもパパ・ママと呼び合うようになることが多いようです)もうれしいな」と伝えます。



小学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)の頃は、親に褒められるのが嬉しくて学んでいると言っても過言ではないんです。

素直に子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)を褒めてあげましょう。




ということで、今日のところはこのへんにして・・・。


この記事の関連ワード
読書感想文 小学生 国語辞典 小学生 自由研究 小学生 小学生 塾 小学生 理科 

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

小学生の勉強集中力について

家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪今日も来てくれてうれしく思います。

小学生(あの頃はよかった、気楽だったという人が多いものです)のうちは、勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)させようと思っても、如何しても集中力(注意欠陥・多動性障害である場合、集中力を維持するのが難しいといわれています)が続かないと言ったことが多いようですよね。

一時間、二時間と集中して勉強したのは、大人でもつらいもの。



興味や関心が移りやすく、飽きやすい子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)に長時間ずっと集中しろと言うのは、そもそも無理があるようです。

ですから、とにかく、少しの時間でも集中して勉強することが出来るようにしましょう。

そして、その際間をすこしずつ延ばしていくのです。



最初は、問題集(収録している問題の?も大切ですが、解説がわかりやすいかも重要でしょう)を5分やるだけ。

キッチンタイマーで時間を量って、できれば一緒に答え合わせをしましょう。

学校から帰ってきたら5分、おやつを食べたら5分、ごはんの後に5分、寝る前に5分といった具合に、細切れでやるのもおすすめですよ。



教科を変えれば集中力(30分くらいずつ何をするのかを決めて、適度に休憩を挟み体を動かすというのも、集中力を保ちながら何かをするためには有効な方法でしょう)が続くのであれば、始めに計算問題(四則計算やかっこ、分数の計算など、ルールを覚えておかないと解けない問題もあります)、次に漢字の書き取りなど、時間割を決めても良いですよ。

それから、子どもが学んだ場所も、子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)部屋よりはリビングのテーブルなどの人が逆に集中できるとなるんです。



もちろん、テレビや五月蠅い音楽などは消して、集中可能になるようにしてあげて下さい。

子供が勉強している横で、親も勉強すると言うのが理想(現実とはかけ離れていることも多いかもしれません)です。

もし、下の子供が邪魔をするのなら、勉強は子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)部屋でして、丸付けはリビングで親がしてあげると言う方法もあります。



子どもが勉強するがらなかったり、集中力(あらゆることを行う際に必要とされ、その成果を左右するでしょう)が続かないのは、子供にとって勉強が楽しいことではないからです。

小学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)のうちに勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)嫌いを克服可能であるように、親がなんとか工夫してあげたいだと言えるでしょう。



とはいっても、そのこどもにより、最適な方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)は異なります。

でも、子供にとっては親の反応が何よりも影響を与えますから、教材などを与えっぱなしにするのでは無く、一緒に勉強(大人はみんなやっとけばよかったと後悔するものですね)を楽しむための努力をしてあげて下さい。



さてさて、とっぴんぱらりのぷう


この記事の関連ワード
夏期講習 小学生 Z会 小学生 小学生 学習 無料ダウンロード 小学生 勉強 教え方 小学生テスト 

このページのトップへ
コンテントヘッダー

小学生の勉強集中力について

家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪今日も来てくれてうれしく思います。

小学生(あの頃はよかった、気楽だったという人が多いものです)のうちは、勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)させようと思っても、如何しても集中力(注意欠陥・多動性障害である場合、集中力を維持するのが難しいといわれています)が続かないと言ったことが多いようですよね。

一時間、二時間と集中して勉強したのは、大人でもつらいもの。



興味や関心が移りやすく、飽きやすい子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)に長時間ずっと集中しろと言うのは、そもそも無理があるようです。

ですから、とにかく、少しの時間でも集中して勉強することが出来るようにしましょう。

そして、その際間をすこしずつ延ばしていくのです。



最初は、問題集(収録している問題の?も大切ですが、解説がわかりやすいかも重要でしょう)を5分やるだけ。

キッチンタイマーで時間を量って、できれば一緒に答え合わせをしましょう。

学校から帰ってきたら5分、おやつを食べたら5分、ごはんの後に5分、寝る前に5分といった具合に、細切れでやるのもおすすめですよ。



教科を変えれば集中力(30分くらいずつ何をするのかを決めて、適度に休憩を挟み体を動かすというのも、集中力を保ちながら何かをするためには有効な方法でしょう)が続くのであれば、始めに計算問題(四則計算やかっこ、分数の計算など、ルールを覚えておかないと解けない問題もあります)、次に漢字の書き取りなど、時間割を決めても良いですよ。

それから、子どもが学んだ場所も、子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)部屋よりはリビングのテーブルなどの人が逆に集中できるとなるんです。



もちろん、テレビや五月蠅い音楽などは消して、集中可能になるようにしてあげて下さい。

子供が勉強している横で、親も勉強すると言うのが理想(現実とはかけ離れていることも多いかもしれません)です。

もし、下の子供が邪魔をするのなら、勉強は子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)部屋でして、丸付けはリビングで親がしてあげると言う方法もあります。



子どもが勉強するがらなかったり、集中力(あらゆることを行う際に必要とされ、その成果を左右するでしょう)が続かないのは、子供にとって勉強が楽しいことではないからです。

小学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)のうちに勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)嫌いを克服可能であるように、親がなんとか工夫してあげたいだと言えるでしょう。



とはいっても、そのこどもにより、最適な方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)は異なります。

でも、子供にとっては親の反応が何よりも影響を与えますから、教材などを与えっぱなしにするのでは無く、一緒に勉強(大人はみんなやっとけばよかったと後悔するものですね)を楽しむための努力をしてあげて下さい。



さてさて、とっぴんぱらりのぷう


この記事の関連ワード
小学生 勉強 教え方 小学生 英語 小学生 ドリル 書道セット 小学生 小学生テスト 

このページのトップへ
コンテントヘッダー

字が汚い小学生の対応は?

コンニチワー今日も一日頑張ってまいりましょう。

字はきれいな方がいいに決まっていますよね。

近年、仕事や大学のレポートなどでも字を書く機会はへり、殆どがパソコンで済ませるような時代になりました。

それでも、字が汚いとほんの些細な時に恥ずかしい思いをしますよね。



私は結婚(婚活なんていう言葉も一般的に使われるようになってきました。
昔の仲人おねさんみたいな人がいない分、自分から積極的に動かないとなかなか相手が見つけられない事も多いでしょう)式やお葬式で、貴方の名前を書くのがとても恥ずかしいです。

子どもは勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)を早く終わらせて遊びたいので、雑に書いてしまう傾向がとても数多く見ることができます。

元々、まだ字が上手く書けないのに、あわてて書いてしまうため余計に汚い字になってしまう訳ですね。



字を綺麗にするには、やはり、書道教室(カルチャーセンターなどでも開かれていますね)が一番有効だと思います。

ただ、書道教室(講師の自宅で行われていることも少なくありません)に通うのは殆どの場合、小学3年生頃で、学校の授業で書道(武田双雲さん、紫舟さん、中塚翠涛さん、深津諭美子さん、北村宗介さんなどが、最近では有名で人気のある書道家でしょう)が開始されるタイミングではありませんか?

それまでの間にも、少しでもきれいに字を書くようにしたいですよね。



さて、子どもの「汚い字」といいますが、汚いと言って二種類です。

1.文字の形自体が上手くかけていない
2.雑に書くので汚い
まず、小学校の低学年では、1はある程度仕方ません。

幼稚園から字を教え始めて書き始めるケースも増えているようですが、基本としてはまだ字を書き始めて日が浅いはずです。



それに、自分の思い通りに筆先を動かせるほど、器用になっていませんのでね。

これは繰り返し、見本通りに書く練習をするしかないのです。

でも、2の場合は、落ち着いて字を書く訓練(意思が強ければ、自分で自分を鍛え直すこともできますが、大抵の人には難しいものですよね)が必要なのです。

一番困るのは、1と2の両方が混じっているタイプです。



書道教室(講師の自宅で行われていることも少なくありません)に通うまでは、親御さんが繰り返し、「落ち着いて丁寧に」と教えるしかないでしょう。



てなわけで、え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます~


この記事の関連ワード
自由研究 小学生 夏期講習 小学生 国語辞典 小学生 小学生 英語 Z会 小学生 

このページのトップへ
コンテントヘッダー

小学生の理科の勉強のコツ

こんちわっすー、今日も頑張ってますか?

小学生のうちに理科に興味を持たせることができれば、将来的にも理系に強くなれるみたいです。

理科に興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)を持つきっかけは、こどもによって違っているはずです。



親としては、できる限り多くの機会を与えてあげたいものです。

例えば、科学館に行ってみたり、親子の科学教室(その学校によって学習環境にはずいぶんと差があるものですよね)に参加してみたり。

稲刈りや芋掘りなどといった収穫体験をするのも良いでしょう。

親子で一緒に天体観測(天体の位置やその動きなどを観測することです)をするのもオススメです。



天文台や科学館などが実施している天体観測(肉眼でも確認できますが、双眼鏡や望遠鏡などを使うと、より鮮明にみることができるでしょう)会に参加したら、より専門的に学ぶことができるでしょう。

プラネタリウムや植物園に行くのもいいですね。

とにかく、理科に少しでも関係するように体験するという事が重要です。



実際に体験した事は忘れにくいですし、不思議だ、興味深いと思えば、理科への興味(人によって何にどのくらいというのは違うものです)も高まるでしょう。

それに、理科クイズやなぜなに図鑑と言った読み物も、子供の理科への興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)を高めてくれるはずです。

近年、ベネッセなどから理科の学習ができるDSソフトも発売されていますね。



小学生(青春だったと思う方も多いことでしょう)のうちは、理科のテストで満点(小学生のうちは簡単に取れても、学年が上がるにつれ、難しくなっていくでしょう)を取るのもそれほど難しくはないでしょう。

ある程度、出題される問題は決まっているので、教科書に沿った問題集(どんな問題でも解けねいいというものではないので、口コミなどを調べて評判のいいものの中から選びましょう)を何度か繰り返して覚えれば良いのではないでしょうか。



単に理科のテストの点数をあげたいというだけなら、机に向かって勉強する習慣をつけさえすればいいでしょう。

でも、感受性豊かな子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)に育て、よりよい人生を歩んでもらうためにも、理科に興味(心や体が疲れていると、何に対しても持てなくなってしまうことが少なくありません)が持てるような色々な体験をさせる、或は、一緒にすることが大切なんです。



さてさて、今日のところはこのへんに、サヨナラ♪


この記事の関連ワード
小学生 ドリル 小学生 勉強 やる気 小学生 学習 プリント 小学生 学習 無料ダウンロード 読書感想文 書き方 小学生 

このページのトップへ
コンテントヘッダー

小学低学年と中学受験について

おはようですー。今日も一日頑張ってまいりましょう。

お子さんの将来をかんがえて、中学受験を検討中の親御さんも多い事だと思います。

中高一貫教育の学校に行かせる為には、中学受験を受けなければなりません。



しかし、中学受験によって中高一貫教育の学校に入学できれば、高校受験がありませんから、それだけ、のびのびと6年間を過ごすことも可能になりますし、大学受験にも有利なのではないでしょうか。

また、中高一貫教育の学校では、それぞれが独自の教育方針を貫いている学校ばかりです。



一時期、問題になった学級崩壊(児童、教師、保護者、それぞれが要因となって起こるようです)っぽいリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)も少なく、個性的な授業によっても得意分野を伸ばすことができるでしょう。

以上のように、多くのメリットを持つ中高一貫教育で子供を育てたいという親というのはよくあるようですが、入学希望者が多いだけに中学受験はたいへん大変です。



小学校の高学年になってから対策を行う場合も多いものの、早い人は小学校に入った頃から既に、塾などで勉強(効果を定着させるためには、繰り返し復習することが大切です)を開始するケースも少なくありません。

とはいえ、相当にむずかしい学校でなければ、小学校の低学年から塾通いで勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)・・・と言うのはやりすぎだと思う親御さんも多いかもしれません。



いつからどのように始めるかは、保護者の方の考え方や学校のレベル、子供の成績にもよるでしょう。

ただ、高学年から塾に通うにしても、小学校の低学年は基礎学力(人間の基本的な能力の一つだと考えられています)を身につける大変重要な時期である事は間違いません。

塾通いとまでは行かなくても、基礎学力や道徳・マナーを身につけておくのは大変重要なポイントです。



却って、小学校低学年できちんと徹底させておくべきといわれているようです。



それでは、今日はこのへんにして・・・。


この記事の関連ワード
小学生 勉強 教え方 国語辞典 小学生 小学生 学習 教材 読書感想文 書き方 小学生 書道セット 小学生 

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。